hiromu writes a diary!!

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

午後、東銀座の松竹試写室にて“ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ”(マイケル・グランデージ監督)のマスコミ試写。 ヘミングウェイやフィッツジェラルドを見出した名物編集者マックス・パーキンズと無名の天才作家トーマス・ウルフの話。この天才作家は…

最近見たハリウッド映画 03

“JUNO/ジュノ”(ジェイソン・ライトマン監督)をAmazonビデオで。うっかり妊娠してしまった16歳を演じるエレン・ペイジがへたくそだったら、そもそもこの映画は成立しない。エレン・ペイジがんばった。翻って、子供っぽさが抜けきれない作曲家ジェイソン・…

最近見たヨーロッパ映画 02

“グッバイ、レーニン!”(ヴォルフガング・ベッカー監督)をAmazonビデオで。東ドイツに住む家族の話。お父さんが西ドイツに亡命してからお母さんは社会主義運動にのめり込み、やがて東西ドイツが統一。入院(昏睡状態)していたためベルリンの壁が崩壊した…

エル・クラン

午後、六本木のアスミック・エース試写室にて“エル・クラン”(パブロ・トラペロ監督)のマスコミ試写。 80年代にアルゼンチンで起きた実話。雰囲気よさげなプッチオ一家が身代金目的の誘拐をしていたのだ。落ち着き払ったお父さんのキャラがなんとも言えず素…

最近見た邦画 03

“柘榴坂の仇討ち”(若松節朗監督)をAmazonビデオで。武士の矜持、見せてもらいました。時代が明治に変わっても主君の仇を探し回る中井貴一もそうだけど、敵役の阿部寛もばかみたいに律儀な感じがいい。刀を振り回すことだけがもののふではない。今の日本に…

キング・オブ・エジプト

外苑前のGAGA本社試写室にて“キング・オブ・エジプト”(アレックス・プロヤス監督)のマスコミ試写。 原題は“GODS OF EGYPT”〜つまりは、古代エジプト神話の神々がわーっと登場する壮大な物語。ピラミッドもスフィンクスも出てくる。どうせなら、大音響(試…

ティエリー・トグルドーの憂鬱

午後、京橋テアトル試写室にて“ティエリー・トグルドーの憂鬱”(ステファヌ・ブリゼ監督)のマスコミ試写。 ヴァンサン・ランドンがカンヌとセザールの主演男優賞を取った社会派ドラマ。ドキュメンタリーを見るようなリアルさも手伝って、ランドンの演技はと…

最近見たハリウッド映画 02

“ウォールフラワー”(スティーブン・チョボスキー監督)をAmazonビデオで。入学したての(主人公の)ドキドキ感から、一気に見る者をハイスクールにタイムスリップさせる。青春映画ばんざい。大人の女になりきれてないエマ・ワトソンがいいし、美少年エズラ…

最近見た邦画 02

“希望の国”(園子温監督)をAmazonビデオで。神楽坂恵がいい味出してる。“童貞放浪記”に出てた頃のことを考えると、化けたな〜という感じ。映画自体は前作“ヒミズ”の方がよかった。原発ものは難しい。 “地獄でなぜ悪い”(園子温監督)をAmazonビデオで。いろ…

栄光のランナー 1936ベルリン

夕方、東銀座の松竹試写室にて“栄光のランナー 1936ベルリン”(スティーヴン・ホプキンス監督)のマスコミ試写。 プロパガンダ一辺倒の1936年ベルリン五輪で、あろうことかアメリカ代表の黒人陸上選手が4つの金メダルを取った。そそくさと退席するヒトラー…

ターザン REBORN

夕方、西新橋のワーナーブラザース試写室にて“ターザン REBORN”(デイビッド・イェーツ監督)のマスコミ試写。 ターザンってあのターザンでしょ、とたかをくくってはいけない。アフリカの大自然を野生動物がわーっと走り抜ける。それを大画面と大音響で体験…

最近見たヨーロッパ映画 01

“ハンナ・アーレント”(マルガレーテ・フォン・トロッタ監督)をHuluで。ハンナ・アーレントが主張するように「悪の凡庸さ」が元SS隊員アイヒマンを支配していたとしても、書いていいことと悪いことはある。「友人しか愛していない」からといって「同胞を傷…

最近見たハリウッド映画 01

“スティーブ・ジョブズ ”(ジョシュア・マイケル・スターン監督)をAmazonビデオで。ジョブズがウォズミアックと自宅ガレージでアップル・コンピュータが立ち上げるあたりはワクワクする。そして、どんどん会社が大きくなり、追い出され、舞い戻る。尺の関係…

最近見た邦画 01

“カケラ”(安藤モモ子監督)をAmazonビデオで。満島ひかりが垢抜けないワセジョを淡々と演じてる。“悪人”の満島ひかりと比べてみると、おおこの人は上手いんだなということが分かる(最近はひと種類の演技しかできない人が多いからね)。同性愛に関しては、“…

シング・ストリート 未来へのうた

“シング・ストリート 未来へのうた”(ジョン・カーニー監督)をDVDで。 舞台は1980年代のダブリン。もう、高校時代にバンドを組むところから好きな女の子を自分の映像作品に引っぱり出すところまで、主人公のコナー少年は僕そのもの。バンドのメンバーがROLA…

最近読んだ本 01

チャタレー夫人の恋人/D.H.ロレンス、武藤浩史訳(ちくま文庫)。普段着の、あるいはちょっと下品な言葉使いで、物語が露骨に、あるいは生々しくなってる。 わが闘争/堀江貴文(幻冬舎)。このタイトルを自著につけられる神経が、まず凄い。教養というもの…

ブルックリン

午後、六本木の20世紀FOX試写室にて“ブルックリン”(ジョン・クローリー監督)のマスコミ試写。 ブルックリンにドジャースがあった頃(1950年代)、アイルランドから船に乗ってNYに移り住んだ少女がいた。アイルランドの家族、仕事、愛、人生‥‥なんだか垢抜…

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

午後、飯田橋の角川試写室にて“マイケル・ムーアの世界侵略のススメ”のマスコミ試写。マイケル・ムーアが先頭に立って世界中をめぐるドキュメンタリー。笑えて、皮肉もきいてて、驚きもいっぱい。各国とアメリカの対比を通して、はからずも日本のアメリカ追…

今月読んだ本

オリヴィエ・ベカイユの死・呪われた家 ゾラ傑作短編集/ゾラ、國分俊宏訳(光文社古典新訳文庫)。味わい深い短編集。画家の夫婦を描いた「スルディス夫人」は出色。 かわいい女・犬を連れた奥さん/チェーホフ、神西清訳(新潮文庫)。犬を連れた奥さんに…

ヘイル、シーザー!

半蔵門の東宝東和試写室にて“ヘイル、シーザー!”のマスコミ試写。 開始30分前に行ったら既に満員(事前にメールしといてよかった)。監督・脚本コーエン兄弟。舞台はハリウッド黄金時代の映画スタジオ。これだけで映画好きはムズムズくるはず。ジョシュ・ブ…

或る終焉

外苑前のGAGA試写室にて“或る終焉”(ミシェル・フランコ監督)のマスコミ試写。 終末期患者を献身的にケアする看護師の話。彼はときに一線を超える。それはだめだよと僕の中の社会規範がいう。一方で僕も同じことをするかもしれないとも思う。カンヌで脚本賞…

今月読んだ本

神々の山嶺 上・下/夢枕獏(角川文庫)。映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の原作です。昭和の時代、トレンドの真ん中にあった山登り。僕が小さい頃、祖母は孫たちに長髪と山登りを禁止していた。そんなことを考えると、登山には反権力的な色合いが濃かった…

福間洸太朗ピアノ・リサイタル

午後、さいたま芸術劇場にて“福間洸太朗ピアノリサイタル”。 彼のピアノを聴くのは今回が3回目なんだけど、どんどん上手くなってる。この人はすべての楽音をきちっとコントロールする。だから作品の素の魅力が浮かび上がってくるのだ。クセナキスの疾走感、…

ルーム、孤独のススメ

午後、外苑前のGAGA試写室にて“ルーム ROOM”(レニー・アブラハムソン監督)のマスコミ試写。閉ざされた部屋から脱出した母(ブリー・ラーソン)と息子(ジェイコブ・トレンブレイ)。息子役の演技がとにかく凄かった。今月末のアカデミー賞主要4部門(主演…

今月読んだ本

人生のちょっとした煩い/グレイス・ペイリー・村上春樹訳(文春文庫)。この人もユダヤ人特有の圧倒的な才気を持ってる。ほんと、かなわないや。 最後の瞬間のすごく大きな変化/グレイス・ペイリー著・村上春樹訳(文春文庫)。いやぁ面白かった。ペイリー…

エヴェレスト

午後、日比谷の東宝試写室にて“エヴェレスト 神々の山嶺”のマスコミ試写。 実際にエヴェレストに登って撮影されたというその映像たるや……。主演の岡田准一もよかったけど、伝説のクライマー演じる阿部寛の顔つきが神々しいったらありゃしない。

セーラー服と機関銃 ー卒業ー

夕方、飯田橋の角川映画試写室にて“セーラー服と機関銃 ー卒業ー”(前田弘二監督)のマスコミ試写。 橋下環奈やばい。将来、ものすごい美人になりそうだ。未完の大器。長谷川博己がまたよかった。角川映画40周年記念作品。

今月読んだ本

恐るべき子供たち/コクトー・中条省平・中条志穂訳(光文社古典新訳文庫)。岩波文庫で読んだときと印象が違うけど、やっぱり傑作だ。 クヌルプ/ヘッセ・高橋健二訳(新潮文庫)。クヌルプは、漱石作品に出てくる高等遊民みたいだ。若者にも読んでほしいん…

スター・ウォーズ フォースの覚醒

地元(Tジョイ大泉)にて“スター・ウォーズ フォースの覚醒”(J.J.エイブラムス監督)。 映画祭とか試写室以外で映画を観るのは久しぶりだ。なので「映画館に行ってみんなでスター・ウォーズを観る!」というイベントに参加してる感じがとても楽しかった。今…

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

六本木のアスミックエース試写室にて、“ドリーム ホーム 99%を操る男たち”(ラミン・バーラニ監督)のマスコミ試写。 サブプライムローンの甘い罠(住宅ローン)に引っかかりマイホームを差し押さえられた男が、差し押さえる側になって荒稼ぎするという悲し…