hiromu writes a diary!!

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

この本のウラ話

hiromu-homma2012-10-15

3日でクラシック好きになる本”(KKベストセラーズ)は、ちょうど10年前に出た僕のデビュー作です。本自体はあまり売れなかったのですがこの後、“一年でクラシック通になる”だの“3時間でわかるクラシック音楽……”といった類似タイトルの本がいくつか出ました。
実は、装幀が気に入らなかったんです。色校を最初に見たときはショックでしたね。装幀を担当してくださったのは著名なデザイナーのYさん。大瀧詠一さんのレコードジャケットなんかも手がけてる人です。「著者が気に入らないといえば別の装幀に差し替えます」と担当編集者はいうものの、そんなこといえるわけない。Yさんの顔はつぶしちゃうし、余分な経費もかかっちゃう。今となっては愛着のわく装幀なんですが、当時はちょっとへこみました。
2冊目以降は最初から装幀が決まっている新書にシフトしたのも、そんな事情があったからかもしれません。

広告を非表示にする