hiromu writes a diary!!

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

今月読んだ本

人間失格太宰治新潮文庫)。数十年ぶりに再読。面白かったな。高校生では分からなかったところがたくさんある(ひらめが奥さんに悪事を働いたと勘違いしてた)。

f:id:hiromu-homma:20150930114225j:plain

 

老人と海アーネスト・ヘミングウェイ福田恆存訳(新潮文庫)。この本もずいぶん久しぶりに読んだんだけど、特に後半、ワクワクした。

1985年のクラッシュ・ギャルズ柳澤健(文春文庫)。彼女たちが活躍していた頃、僕は大学生だった。長与千種はとても魅力的なプロレスラーだった。ただ、彼女たちも僕らと同様に年を取り、それぞれの人生を生きてる。輝ける時間を生きたのち、不遇の時代を生きなければいけない様がなんとも悲しい。

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 上・下増田俊也新潮文庫)。僕はかつてプロレス・ファンだった。全日も新日も試合会場に足を運んでいた。一方で、高校3年間、僕は柔道の授業を受けていた(80年前後の都内の高校では、柔剣道どちらかを3年間履修しなければいけなかったのだ)。そういう意味で、僕は木村政彦の側にいることを表明しておきたい(柔道部ではないけれど)。

野心のすすめ林真理子講談社現代新書)。タイトルは絶妙。

人は見た目が9割竹内一郎新潮新書)。これもタイトルがいい。本や映画はタイトルが9割。

広告を非表示にする