hiromu writes a diary!!

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

フラニーとズーイ

私が弁護士になるまで菊間千乃(文春文庫)。人間万事塞翁が馬のようなスリリングな展開。

ある小さなスズメの記録/クレア・キップス・梨木香歩訳(文春文庫)。実録というよりファンタジーとして読んだ方がしっくりくる。

飛ぶ教室エーリヒ・ケストナー池内紀訳(新潮文庫)。

新居の最寄り駅には書店がない。ツタヤしかない。なので、前に住んでいた隣駅(それでも自転車で10分かからない)のくまざわ書店に行く。そこで、J・D・サリンジャー村上春樹訳の“フラニーとゾーイー”(新潮文庫)を買う。野崎孝訳の文庫本を読んだのが確か高校生の頃。もうン10年前だ。

f:id:hiromu-homma:20150912232805j:plain

広告を非表示にする