hiromu radio

批評家・本間ひろむ オフィシャルブログ

戦力外ノートPCをChromebook化

f:id:hiromu-homma:20210526190114j:plain

うちにはWindows7搭載ノートPC2台ある。1台は東芝Dynabook T350/34BR20111月発売)、もう1台はNECFMV LIFEBOOK AH54/D20115月発売)。

ただ、ご存知の通りWindows720201月にサポート終了しちゃってる。それならWindows10にすりゃあいいじゃんとお思いかもしれぬが、DynabookPentium Dual-CoreFMVCore i3 なんでWindows10を動かすにはちとキツイのよ(こんくらいのCPUだとむちゃ重くなる)。

そんなわけで2台とも戦力外状態だった。

そこで、この2台をChromebook化することにしたのだ。

まずはCloudreadyのサイトに飛んで、USBメモリにデータをダウンロード(所要時間約20分)。これで、USBメモリからChromium OSを起動することができるようになった。さらにはUSBメモリから本体のストレージにCloudReadyをインストールしちゃえば、USBメモリなしてChromium OSを起動することもできる(この場合は本体のWindowsは消去されますので要注意)。これが無料なんですぜ、だんな。

Amazonなんかを覗いてみると、ASUSやらLenovoやらhpやらAcerやらのChromebookがやたら安く売ってる。2万円前後のマシンまである(ただ、のってるCPUがceleronだったりMediaTekだったりだけど……)。

このCloudReady2007年以降(多分、Windows7搭載くらい)に発売されたマシンなら動いてくれるらしい。しかも無料。うちの2台もむちゃくちゃスイスイ動いています(だってインテル入ってるからね)。わざわざ買わなくていいのである。

ま、officeはオンラインで使うしかないんだけど、ChromebookGoogle Chrome上でほとんどの作業をするからChromebookわけで、ならば最初からGoogleドキュメントとかスプレッドシートを使えばいいわけだ。保存する際、ドキュメントはword に、スプレッドシートExcelに変換できるから納品する際にも便利だ。

今のところメインに使っているのはMacBook AirSurface Laptop Go(2台ともCore i5)なんだけど、いざという時にサブマシンがあると安心だ。何より、ノートPCが生き返ったのがうれしい。

青春に捧げるメロディー

f:id:hiromu-homma:20210423213545j:plain

レスリー・マッコーエンが逝った。

中2の冬、女子高生数人(父の知人の娘とその友達)が家に泊まった。うちの娘がどうしてもベイ・シティなんちゃらのコンサートに行きたいというので泊めてくれないか、と頼まれてのこと。1976年のことだ。彼女たちは確か高校2年生くらい。群馬からやって来て武道館でベイ・シティ・ローラーズを見た後、その足でわが家に来た(平日だったので学校を休んだのだ)。彼女たちはタータン・チェックがそこここに付いた服を着ていた(レコードジャケットみたいなやつ)。レスリー・マッコーエンはそのバンドのフロントマンだった。

その当時、文化放送の“電リク'76”とか“セイ!ヤング”では毎日のようにベイ・シティ・ローラーズの曲が流れていた。TVでも“ぎんざNOW!”の洋楽コーナーでベイ・シティ・ローラーズのPVが流れていた。同級生の女の子たちも、みんなベイ・シティ・ローラーズに夢中だった。“MUSIC LIFE”とか“ROCK SHOW”のグラビアを切り抜いて、クリアファイルに挟んで宝物のようにしていた(当時好きだった女の子はノートの隅に「レスリー好き」と書いていた)。

そんな時代だった——。

彼らのヒット曲はエアロスミスとかクイーンとかキッスの曲同様、今でも歌うことができる。アイドルバンドだったので音楽的な評価は驚くほど低いけれど、僕は今でも彼らの曲をよく聞く。青春に捧げるメロディー?  そうかもね。それにしても、70年代のTVやラジオの番組は「ヤング」だの「ナウ」だの、今見るとこっ恥ずかしい。

 

 

ユダヤ人と日本のクラシック音楽

nippon.comに“ユダヤ人と日本のクラシック音楽”を書きました。yahooニュースでも読めます。

拙著“ユダヤ人とクラシック音楽”(光文社新書)をぎゅっと凝縮して最新情報も加えた内容です。英語、フランス語、中国語、スペイン語など順次、翻訳版もupされる予定です。

f:id:hiromu-homma:20140910090601j:plain

www.nippon.com