hiromu radio

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

テトラノオト

youtu.be

大学の後輩・谷崎テトラ(京都芸大客員教授)がYoutubeで拙著“アルゲリッチとポリーニ”(光文社新書)を取り上げてくれたので、ここにはっておきます。

大阪芸大時代に出会った数多い仲間たちで、こいつすげーな、と思った人間は2人。2人とものちに本を出してる。

ひとりは詩人の丹田亮子。文芸学科の同級生です。とにかく、誰も真似のできないぶっ飛んだ詩を書いていた。そしてアルゲリッチのように自由奔放に生きてた。で、とっとと大学を辞めて実家の店で働き出したかと思ったらすぐに結婚した。“膝を抱く人”(紫陽社)という詩集があるんだけど、今では入手困難かな。大阪在住。ゆえに、たまにLINEでやりとりする。ほとんどが猫の話。

もうひとりが1年後輩の谷崎テトラ。文芸学科なので周辺には小説や詩を書く人間がたくさんいた。そんな中、彼の小説はスタイリッシュで、キラキラしてて、僕が書きたい小説に近い世界を書いていた。十数年後、いきなり“グラウンディング・ミュージック”(リトルモア)が送られてきたときは、やられた、と思ったさ。それが1999年。それから3年後の2002年、僕も最初の本“3日でクラシック好きになる本”(KKベストセラーズ)を出すわけです(ちなみに、この本の装丁はナイアガラ・レーベルのレコードジャケットでおなじみデザイナーの中山泰さん)。

f:id:hiromu-homma:20200811103625p:plain谷崎テトラ©︎