読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromu writes a diary!!

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

栄光のランナー 1936ベルリン

夕方、東銀座の松竹試写室にて“栄光のランナー 1936ベルリン”(スティーヴン・ホプキンス監督)のマスコミ試写。

プロパガンダ一辺倒の1936年ベルリン五輪で、あろうことかアメリカ代表の黒人陸上選手が4つの金メダルを取った。そそくさと退席するヒトラー。後に残ったゲッペルスの情けない顔ときたら!

(2016年8月11日公開)

f:id:hiromu-homma:20160627220135j:plain

 

ターザン REBORN

夕方、西新橋のワーナーブラザース試写室にて“ターザン REBORN”(デイビッド・イェーツ監督)のマスコミ試写。

ターザンってあのターザンでしょ、とたかをくくってはいけない。アフリカの大自然を野生動物がわーっと走り抜ける。それを大画面と大音響で体験するだけでどれだけ気持ちいいか。ターザン役のアレクサンダー・スカルスガルドの肉体美もさることながら、寂しげな眼差しがまたいい。

(2016年7月30日公開)

f:id:hiromu-homma:20160623211748j:plain

最近見たヨーロッパ映画

 “ハンナ・アーレント”(マルガレーテ・フォン・トロッタ監督)をHuluで。ハンナ・アーレントが主張するように「悪の凡庸さ」が元SS隊員アイヒマンを支配していたとしても、書いていいことと悪いことはある。「友人しか愛していない」からといって「同胞を傷つけていいはずもない」のだ。分別の問題だ。そもそも、アイヒマンは戦時中ずっと思考停止していたわけではない。しらを切り通しただけなのに。

f:id:hiromu-homma:20160618180226j:plain

 

ヒトラー 〜最期の12日間〜”(オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督)をAmazonビデオで。総統秘書ユンゲの目を通して描かれるヒトラー最期の12日間。ヒトラーはやたら怒鳴り散らしてはいたが、終戦間際は軍の空気も弛緩していた。 そして、ヒトラーの秘書だったユンゲは終戦後、「あれは愚行だった」と告白。彼女はしらを切り通せなかったのだ。

 

迷子の警察音楽隊”(エラン・コリリン監督)をHuluで。ユダヤ人とエジプト人とは因縁浅からぬ間柄。そんなエジプトの音楽隊がイスラエルの田舎町に迷い込む。同じ田舎の風景でもアメリカはそれなりに電飾けばけばしいバーがあってアメリカ人がつまんなそうにビリヤードとかしてるんだけど、イスラエルの田舎はなんだか無味乾燥。学校の体育館にPA持ち込んで音楽流して、若者がローラースケートなんかしちゃってる。そんな田舎町で一晩過ごすエジプトの音楽隊の話。東京国際映画祭で(サクラ)グランプリを取っちゃったおかげで、マスコミ試写(昔、京橋にあった映画美学校第2試写室)がいつも満員で何度も追い出された。やっと見ることができましたとさ。あ、これはヨーロッパ映画ではありません。

 

鑑定士と顔のない依頼人”(ジュゼッペ・トルナトーレ監督)をAmazonビデオで。いつも手袋を外さないカリスマ美術品鑑定士。なにかと尊大な態度が鼻に付くおじさんなんだけど結局のところ恋愛経験もない「絵画おたく」なだけじゃん、というふうにその化けの皮が剥がされていく。そんなこんなのラストシーンが快感なのか、シンパシーを覚えるかは見る人によって変わってくると思う。僕には快感でした。

f:id:hiromu-homma:20160618164415j:plain

 

リスボンに誘われて”(ビレ・アウグスト監督)をAmazonビデオで。偶然助けた若い女性が持っていた一冊の本に導かれ、授業をほったらかしてリスボンへ行ってしまう高校教師。そこで、レジスタンスの昔話を追っかけたり、新しい恋に出会ったりと、急に人生がパーンと開けちゃう。そこが狙い目っちゃ狙い目なんだけど、リスボンの風景がまた美しいことよ。あと、メラニー・ロランはフランス語喋ってる方がいいね。

 

ボヴァリー夫人とパン屋”(アンヌ・フォンテーヌ監督)をAmazonビデオで。出版社勤めを辞めて家業のパン屋を継いだ男(主人公)を筆頭に、登場する男たちがどいつもこいつも情けない。それで最後まで情けないんだけど、思わず笑えてしまうところがフランスのエスプリってやつなのか。このパン屋役のファブリス・ルキーニというおじさんは“PARIS”という映画にも大学教授役で出ていて、女子大生のメラニー・ロランに恋をして、つきまとって、付き合うんだな。この映画もよかった。

f:id:hiromu-homma:20160618164430j:plain