読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromu writes a diary!!

批評家・本間ひろむのオフィシャルブログ

残像

夕方、京橋テアトル試写室にて“残像”のマスコミ試写。

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の遺作。前衛画家ストゥシェミンスキの晩年を描いてるんだけど、スターリン全体主義に屈しない彼の姿はワイダ監督自身のタフな精神と重なる。

(2017年6月10日公開)

f:id:hiromu-homma:20170421205201j:plain

広告を非表示にする

武曲

午後、六本木のキノフィルムズ試写室にて“武曲”のマスコミ試写。

鎌倉を舞台にした剣客たちの物語(といっても時代劇ではない)。鎌倉の海と緑がいい。綾野剛は腹割れてるし、村上虹郎の目ぢからもハンパない。前田のあっちゃんはいつになくエロい。熊切和嘉監督作品。

(2017年6月3日公開)

f:id:hiromu-homma:20170419183245j:plain

広告を非表示にする

ボリス・ギルトブルグ ピアノリサイタル

夜、上野の東京文化会館小ホールにて、“ボリス・ギルトブルグ ピアノリサイタル”。ラフマニノフ前奏曲全曲演奏。東京の春音楽祭の公式プログラムに原稿書いたので、そのご褒美(ご招待)。

ピアノの前に座るやいなやじゃじゃんと“鐘”を弾きだし、そのまま一気に10の前奏曲を休みなしで弾き切った。休憩を挟んで、13の前奏曲も一気呵成に。あふれ出る才気! ダイナミックで男前なピアノだ。彼の愛器Fazioli がまたよく鳴ってた。ヴィルトゥオーゾの遺伝子を持つ男だ。

f:id:hiromu-homma:20170415225907j:plain